プロフィール

Qパパ

Author:Qパパ
一番大事なもの、家族。
好きなもの、お外、旨いもの。
苦手は、人混み。
週末は真っ白になるため家族でお出かけが基本です。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.10.14    カテゴリ:  未分類 

   あれ。。。。

今週は、ママの帰省で、トレと車のメンテナンス。
でも、発電機を持って行けば、何処でも出来る!
という訳で、お山の下見に出掛けて、何とか整備してトレも入れそうなルートが見えたので、家に帰り皆で出直した。
準備に買い物で、現地到着は15時前。

大雨で地形が変わったものの、流木もあるし良い感じ。
早速トレの改造に着手、クーラーの設置場所を改造するので、まずは外気口大小合わせて4箇所の封止からだ。
薄いステンレス板を開口部に合わせカットし、はめ込んでコーキング。

ここまで終えたらいい時間になったので夕飯。
昼ご飯を食べるタイミングを逸したので、夕飯に助六が余分に。。
ダッジで根菜を蒸焼きにし、メインはステーキ。
2N2W9163.jpg

一人なので簡単にしました。

それに、赤ワインに焚き火。。
山の中にワンコと私だけ。。。こんなこと、キャンプ場でも出来ない。
まさに至極。
2N2W9157.jpg

鳥の鳴き声に、鹿の気配を感じながら日暮れから夜の時間を楽しんだ。
もちろん、焚き火は当然。。
暖かく、ゆらゆら燃える炎、無の時間が流れ寝てしまいました。
2N2W9174.jpg

いや~、やっぱりいい。。

 翌日は、昨日のダッジの残りをコンソメベースのシンプルスープに!!
2N2W9179.jpg

2N2W9184.jpg



そして、お決まりの散策。。
2N2W9204_20121014190719.jpg

2N2W9199.jpg

2N2W9190.jpg

2N2W9205.jpg

2N2W9186.jpg

魚の影が消えた様で残念!さらに歩くと河原に奇麗な鹿の足跡。
すると、立派なオス鹿が目の前にいました。笑

散策を終え、トレの改造を少ししてお昼&お昼寝!!
満喫しました。

で、帰宅し初めてトレと車を完璧に縦列駐車。感動しました。笑
良い週末となりました。

大人の男、ひとり+犬キャンプ。
なんだかかっこいいですね!

八甲田山〜長野まで旅してたのですね。
東北方面はほとんど行った事がないのでいいですね。
そしておそば。。おいしそう。
Qパパさんはおそば好きなんですね♪
こちらも新蕎麦の季節なのですが、まだ食べてないです。
オレオくん、お腹の傷の良くなって、爪ももう少しのようで何よりです。
初めてなら怖くなる場所ですが、行きつけているのでたまには一人&ワンコも良いもんでした。

そう、定年までありませんが、初めての長旅。
いつもの週末キャンプの延長での〜んびり満喫して来ました。
でも、まだまだ時間があっても良いくらいで、最後に草津温泉や志賀高原、乗鞍もと思いましたが時間切れでした。笑

 お蕎麦は大好物。
 一番は、最後の長野県の蕎麦でした。こんなもんなんでしょうね。
そろそろ新蕎麦の文字がお店に見掛ける様になりましたので、紅葉と蕎麦を楽しみに出掛け鯛ものです。
そちらは、やはり戸隠なんでしょうね。。
少し緑がかった蕎麦が食べたいですね。

焚き火。。何時間みていても、ちっとも飽きず知らず知らずに居眠りなんかしてしまうんですよね~
これから焚き火にダッチオーブンの出番が多くなりますね!
朝のスープ、フウフウしてすすりたいです~

それにしても縦列駐車。。やったね!
 そうなんですよね。tiny3さんは、たき火などの後は作品がいっぱい出来そう。。

急に寒くなって来たので紅葉を期待しますが、ティナちゃんがうまく乗り切ってくれるのを願ってます。

縦列駐車は、家を壊すリスクがあるのでトライアルするか?ですが、私も驚きでした。
これから、キャンプに良い季節、楽しみます。。





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © Qパパのひとりごと All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。