プロフィール

Qパパ

Author:Qパパ
一番大事なもの、家族。
好きなもの、お外、旨いもの。
苦手は、人混み。
週末は真っ白になるため家族でお出かけが基本です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.05.27    カテゴリ:  未分類 

   ブレーキOH

 Qの手術が終わり安堵の我が家。
 今日は雨でもあるので、家の日曜大工と車のOH。
 
 車屋さんに車を出した際、ブレーキを掛けると右に曲がると指摘されてもうすぐ2ヶ月。
 色々思案し、簡単な処置をして来たが治らず、80の特徴と言われ半信半疑ながら納得して来たが、
 余りに酷いのでブレーキキャリパーの完全OHをする事にした。
 
 早朝、実家の兄からコンプレッサーを借り、共販に頼んでおいたパーツを取りに行き作業開始。
 馬をかませて前輪を外し、まずはブレーキパッドを外した。
 すると、右前輪の外側のパッドが片減り気味。更に、左前輪の内側のパッドはほとんど新品状態。
 これは、完全にピストンが錆びて固着している。

 ブレーキホースを外し、キャリパーのボルト2本を緩め、キャリパーを完全に外した。
 左右外し、ここから圧気でピストンを押し出す。
 本当は簡単なはずなのに、錆で固着しているのでダメ。

 何度かトライし右のキャリパーからはピストンが抜けた。
 1本のピストンは錆が本当に酷い。
 問題は左。どうしても1本のピストンが動かないのだ。
 
 思案した結果、右のキャリパーを完全にOHし、車に組み付け、
 その後、左のキャリパーをそのまま一度車に付け、ブレーキ本来の油圧でピストンを抜く事にした。
 少し工夫をしたが、これが正解。
 問題のピストンが抜け落ちた。

 左右共にキャリパーのシリンダー部分の錆を完全に落としたかったがNG。
 今回は、ここ迄のOHとして、新品のピストン・パッキン類に交換し組み上げた。
 
 最後にエア抜きをして試走。
 急ブレーキを踏んでも真っすぐに止まった。やったぁ~。
 これで、安心してブレーキが踏めると言うものだ。
 
 数年後はキャリパー一式交換だなぁ~。
 半日仕事になりグッタリ。
 後輪はまた今度にしよう。

 JN8F9003.jpg





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © Qパパのひとりごと All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。